About HCT

韓国の試験認証/校正産業をリードする企業、エイチ・シー・ティー

韓国 No.1
業界唯一
試験認証/校正企業
韓国唯一
NI専門校正機関
粒子計測の校正サービス(パーティクルカウンター)
  • BEST

    韓国最高の無線製品試験企業
    韓国最高の測定自動化技術
    韓国最高の電磁波人体吸収率(SAR)試験企業
    業界最高のマンパワー及びインフラ保有

  • ONLY

    韓国唯一の民間試験認証/校正企業
    韓国唯一の米国無線通信(FCC)認証機関資格を取得
    韓国唯一のNI公認校正センター&粒子計測の校正サービス(パーティクルカウンター) 
    韓国唯一の民間バッテリー試験企業 *NI: National Instruments

HCT Services

全ての産業分野の機器、製品などを試験/測定

  • 試験認証

    製品を市場に流通させるために国別規制及び
    技術基準に基づいて製品の適合性を評価する
    技術サービス

  • 校正

    事業現場で使用される測定器の精度及び遡及性を
    維持するために周期的に校正用標準器と比較し、
    診断する技術サービス

Why HCT

  • 韓国無線通信
    試験認証 No.1
  • 韓国唯一の試験認証 校正企業
  • 業界最高のマンパワー及びインフラ

韓国の無線通信の先導技術を基盤に最多の米FCC試験認証サービスを提供

  • 韓国無線通信分野の
    技術リーディング
    韓国/KOREA
    • 韓国唯一のNOKIA指定試験所指定
    • 韓国初のSAR公認試験所(KOLAS/RRA)
    • 韓国初のFCC HAC試験サービス提供
    • 韓国初の携帯電話SAR FCC認証
  • 韓国最高の通信分野
    試験認証ノウハウ保有
    海外/OVERSEAS
    • 世界初の携帯電話CDMA 450MHz CE認証
    • 世界初の3.5GHz WiBro通信機器 CE認証
    • 世界初のLTEモデムカードFCC認証

試験認証分野の最高・最適の校正サービス提供

試験認証事業
  • SAR(電磁波人体吸収率)
  • RF(無線通信)
  • 安定性
  • 安定性EMC(電磁波適合性)
  • 信頼性
  • エネルギー
新技術トレンドに対する迅速な情報習得, 試験認証設備に対する専門知識保有, 社内設備に対する独自技術による正確な校正, 試験レポートによる品質向上
校正事業
  • 温度/湿度
  • 音響/振動
  • 時間/周波数
  • 電気、磁気/電磁波
  • 長さ/関連量
  • 質量/関連量

業界で独歩的な規模の試験認証/校正インフラを保有
顧客会社のセキュリティニーズに対応し、かつ多様な製品の検査が可能

  • 韓国で最も多い独立チャンバーを構築
  • ICT産業全般の試験設備を保有
  • 顧客会社のセキュリティに最適化されたインフラ
이천본사
  • RF試験設備
  • SAR(電磁波人体吸収率)試験設備
  • OTA(アンテナ感度)試験設備
  • 電気安全試験設備
  • 信頼性試験設備
  • 有線試験設備
  • EMC試験設備
  • 携帯電話と補聴器の互換性試験設備
  • 軍用装備試験設備

韓国の無線通信の先導技術を基盤に最多の米FCC試験認証サービスを提供

  • 韓国無線通信分野の
    技術リーディング
    韓国/KOREA
    • 韓国唯一のNOKIA指定試験所指定
    • 韓国初のSAR公認試験所(KOLAS/RRA)
    • 韓国初のFCC HAC試験サービス提供
    • 韓国初の携帯電話SAR FCC認証
  • 韓国最高の通信分野
    試験認証ノウハウ保有
    海外/OVERSEAS
    • 世界初の携帯電話CDMA 450MHz CE認証
    • 世界初の3.5GHz WiBro通信機器 CE認証
    • 世界初のLTEモデムカードFCC認証

試験認証分野の最高・最適の校正サービス提供

  • 試験認証事業
    • SAR(電磁波人体吸収率)
    • RF(無線通信)
    • 安定性
    • 安定性EMC(電磁波適合性)
    • 信頼性
    • エネルギー
  • 校正事業
    • 温度/湿度
    • 音響/振動
    • 時間/周波数
    • 電気、磁気/電磁波
    • 長さ/関連量
    • 質量/関連量
  • 新技術トレンドに対する迅速な情報習得
  • 試験認証設備に対する専門知識保有
  • 社内設備に対する独自技術による正確な校正
  • 試験レポートによる品質向上
校正認定分野
  • 長さ
  • 質量
  • 時間及び周波数
  • 電気磁気/電磁波
  • 温度及び湿度
  • 音響及び振動
  • 光量
  • 物質量

業界で独歩的な規模の試験認証/校正インフラを保有
顧客会社のセキュリティニーズに対応し、かつ多様な製品の検査が可能

韓国で最も多い独立チャンバーを構築 ICT産業全般の試験設備を保有 顧客会社のセキュリティに最適化されたインフラ
  • RF試験設備
  • OTA(アンテナ感度)試験設備
  • 電気安全試験設備
  • 信頼性試験設備
  • 有線試験設備
  • EMC試験設備
  • 軍用装備試験設備
  • 携帯電話と補聴器の互換性試験設備
  • SAR(電磁波人体吸収率)試験設備

History

1983年の現代電子産業を始まりに
韓国試験認証/校正技術を先導

2001
  • 01EMC伝導、放射分野のVCCI公認試験所登録(日本)
  • 04EMC、MPPRII、低周波分野のTUV公認試験所認可(ドイツ)
2002
  • 03SAR(電磁波吸収率)分野のMIC公認試験所認可(情報通信部の電波研究所)
  • 11HCT技術研究所を設立
2003
  • 03KOLSA(ISO/ICE 17025)国際公認試験機関認証(産業資源部の技術標準院)
  • 04技術信用保証基金の優良技術企業に選定
  • 10GSM PHONE CE公認試験所認可(英国BABT)
  • 12中小企業庁「海外規格認証取得支援事業の優秀機関」として産業資源部長官賞を受賞
2004
  • 11第34回精密技術振興大会の測定技術部門で大統領賞を受賞
2005
  • 06米国法人設立(韓国で初めて情報通信部指定の試験機関)
  • 11第35回精密技術振興大会の精密測定能力部門で中小企業庁長賞を受賞
2006
  • 08世界初のSNPC(Scanning Nano Particle Counter)を開発
  • 11第36回精密技術振興大会の計量測定器開発部門で産業資源部長官賞を受賞
  • 11「貿易の日」300万ドル輸出塔を受賞
  • 12技術革新型の中小企業(INNO-BIZ)確認
2007
  • 03(株)エイチ・シー・ティーに商号変更
  • 10第6回100大優秀特許製品を受賞
2008
  • 06「広帯域粒子状物質の粒子測定器(WAPS)」サムスン電子と共同開発
  • 08ISO 9001、ISO 14001認可取得
  • 10京畿道有望中小企業に選定
2009
  • 07自動フィルターテストシステム開発及び中国輸出
  • 08人体影響を低減するアンテナをサムスン電子と共同開発
  • 10Battery cell試験設備を構築
2010
  • 07HCTアンテナ研究所を設立
  • 08長岩里10M CHAMBERを竣工
2011
  • 03長岩里新社屋に本社移転
2012
  • 10IECEE CBTL認可
  • 12第42回韓国精密産業技術大会の精密測定部門で知識経済部長官賞を受賞
2013
  • 01校正事業本部の本社移転
  • 10「世界標準の日」大統領賞を受賞
2014
  • 01携帯用音響機器の騒音レベル検査機関第1号に指定
  • 04CSAグループと試験認証MOUを締結
2015
  • 01電気用品の安全確認試験機関に指定
  • 03模範納税者表彰
2016
  • 04National Instrumentsとパートナシップを締結
  • 05イランのRCIIと交流協力協約を締結
  • 05中国のCTTLと試験認証MOUを締結
  • 07A2LA認証取得
  • 10KOSDAQ上場
  • 11FLUKE公認校正機関契約を締結
2017
  • 06ルノーサムスン自動車のEMC試験所認定を取得
  • 05米国現地法人、A2LA 国際公認試験機関認定を取得
  • 04双竜自動車のEMC試験所認定を取得
  • 1983
  • 2000
  • 2001
  • 2002
  • 2003
  • 2004
  • 2005
  • 2006
  • 2007
  • 2008
  • 2009
  • 2010
  • 2011
  • 2012
  • 2013
  • 2014
  • 2015
  • 2016
  • 2017
2017
  • 06ルノーサムスン自動車のEMC試験所認定を取得
  • 05米国現地法人、A2LA 国際公認試験機関認定を取得
  • 04双竜自動車のEMC試験所認定を取得
2016
  • 04National Instrumentsとパートナシップを締結
  • 05イランのRCIIと交流協力協約を締結
  • 05中国のCTTLと試験認証MOUを締結
  • 07A2LA認証取得
  • 10KOSDAQ上場
  • 11FLUKE公認校正機関契約を締結
2015
  • 01電気用品の安全確認試験機関に指定
  • 03模範納税者表彰
2014
  • 01携帯用音響機器の騒音レベル検査機関第1号に指定
  • 04CSAグループと試験認証MOUを締結
2013
  • 01校正事業本部の本社移転
  • 10「世界標準の日」大統領賞を受賞
2012
  • 10IECEE CBTL認可
  • 12第42回韓国精密産業技術大会の精密測定部門で知識経済部長官賞を受賞
2011
  • 03長岩里新社屋に本社移転
2010
  • 07HCTアンテナ研究所を設立
  • 08長岩里10M CHAMBERを竣工
2009
  • 07自動フィルターテストシステム開発及び中国輸出
  • 08人体影響を低減するアンテナをサムスン電子と共同開発
  • 10Battery cell試験設備を構築
2008
  • 06「広帯域粒子状物質の粒子測定器(WAPS)」サムスン電子と共同開発
  • 08ISO 9001、ISO 14001認可取得
  • 10京畿道有望中小企業に選定
2007
  • 03(株)エイチ・シー・ティーに商号変更
  • 10第6回100大優秀特許製品を受賞
2006
  • 08世界初のSNPC(Scanning Nano Particle Counter)を開発
  • 11第36回精密技術振興大会の計量測定器開発部門で産業資源部長官賞を受賞
  • 11「貿易の日」300万ドル輸出塔を受賞
  • 12技術革新型の中小企業(INNO-BIZ)確認
2005
  • 06米国法人設立(韓国で初めて情報通信部指定の試験機関)
  • 11第35回精密技術振興大会の精密測定能力部門で中小企業庁長賞を受賞
2004
  • 11第34回精密技術振興大会の測定技術部門で大統領賞を受賞
2003
  • 03KOLSA(ISO/ICE 17025)国際公認試験機関認証(産業資源部の技術標準院)
  • 04技術信用保証基金の優良技術企業に選定
  • 10GSM PHONE CE公認試験所認可(英国BABT)
  • 12中小企業庁「海外規格認証取得支援事業の優秀機関」として産業資源部長官賞を受賞
2002
  • 03SAR(電磁波吸収率)分野のMIC公認試験所認可(情報通信部の電波研究所)
  • 11HCT技術研究所を設立
2001
  • 01EMC伝導、放射分野のVCCI公認試験所登録(日本)
  • 04EMC、MPPRII、低周波分野のTUV公認試験所認可(ドイツ)

Global HCT

HCTグローバル認証ネットワークを通じて
世界中約200ヵ国に国家認証サービスをサポート

  • アフリカ
  • 欧州
  • アジア
  • オセアニア
  • 北アメリカ
  • 南アメリカ
  • アフリカ
  • 欧州
  • アジア
  • オセアニア
  • 北アメリカ
  • 南アメリカ
* Required input item.
Customer Information
Name *
E-mail *
Company contacts *
Inquiry
Sort *
Country *
Subject *
Contents *